借り換えの理想と現実

usagitokame

相変わらずまずいコーヒーだなと思い、ウサコはガラスのテーブルにカップを戻した。

喫茶〈ナマケモノ〉には、きょうも客はいない。わざわざ指定されなければ絶対に来ることはないが、先方の指定なので仕方がない。3日後に迫った〈最高の住宅ローン決定戦〉を前に、ウサコにはどうしても確認しておかなければならないことがあった。

カランコロン。年代物のドアベルが響いた。

「おう!」店内に入ってくるなり声をかけ、クロ兄が席についた。ソントク村に戻ってきたという知らせを聞きっけたウサコが、すぐさま呼び出したのだ。「急ぎの用って一体何だ?」クロ兄は挨拶抜きでそう切り出した。

「急ぎも急ぎ、大急ぎよ」ウサコはわざと大仰に言った。「きのう、マンマル不動産販売の営業から電話があったの。アタシがねらっていた建売が、もしかしたらほかのお客に売れちゃうかもしれないんだって。早くしないとホントに理想の家が遠のいちゃう。最高の住宅ローンを選んでいる隙に理想の家を逃すなんてアタシ、おじいさんに何と説明したらいいか。」

「あわてて家を買うのもどうかと思うが、ま、ウサコにはウサコなりの事情があるんだろう。分かった、なんでも聞いてくれ。」クロ兄はバッタン村での疲れをおくびにも出さず胸を叩いた。

「相談というのは借り換えのことなの。アタシいろいろ考えたんだけど、今回の住宅ローン選びは、やはり変動金利で勝負しようと思う。頭がガチガチのカメオは固定金利を選ぶだろうけど、低金利のいまならスタートダッシュで差をつけて、そのまま逃げ切るという手が使えるわ。

もちろん、今度という今度は途中で追い抜かれるなんてヘマは絶対に許されない。そこで、変動金利のリスクをうまく回避する方法として、借り換えという選択肢も持っておきたいの。」

「で、オレにどういう準備をしておくべきか聞きたいってわけか。しょうがねえヤツだな。」

クロ兄の前に、コーヒーとハムチーズサンドイッチがそっと置かれた。マスターは今日も無言だ。

「最初に一般論を言っておく。借り換えには検討の目安ってものがある。次の三つのうちどれかに当てはまれば借り換えの検討をする価値がある。」

一つ、ローンの残高が1000万円以上ある

一つ、ローンの残存期間が10年以上ある

一つ、借り換えの前後で金利に1%以上の差がある

ウサコは手早くメモを取った。

「借り換えを検討する場合は、あらかじめ借り換えに必要な諸費用まで見込んだうえで借り換え前後の支払総額を比べ、そこにメリットがあるかどうかを試算しなくてはならない。だがなあ。」

いつもは歯切れのよいクロ兄が、何やら考え込むような素振りを見せたことに、ウサコはイヤな予感を覚えた。

<続く>

This entry was posted in 未分類. Bookmark the permalink.

Comments are closed.