団信の保険料は絶えず値上がりのリスク

usagitokame

「それはそうと、フラット35以外で取り扱う団信にもこのところ気になる動きがあるの。ついでにそれも耳に入れておいて」ミラー女史の口調が真剣昧を帯びた。

「気になる動き?」

「団信の保険料は、平均年齢や保険の利用実績によって変更される仕組みになっている。たとえばフラット35は〈機構団信〉と呼ばれるものだけど、これがちょうど2010年に改定されて30%以上値上げになったわ。あまり大きな声では言えないけど、高齢化社会が本格化すると、住宅購入者の減少や既存加入者の高齢化が加速するから、団信の保険料は絶えず値上がりのリスクを抱えることになる。

そこへもってきて、『団信には加入しなくてもいい』なんて。ここだけの話、これを耳にした者たちが積極的に加入しなくなるとどうなる?ますます値上げは必至よ。それに、銀行のほとんどは団信の保険料を肩代わりしているけれど、高齢化の進展で保険料値上げが進んだら、銀行だってどこまで自分で負担してくれるか分かったもんじゃないわ。」

いわゆる年金問題と同じようなことがここでも起こっているのかと、カメ夫はミラーの内緒話に現代社会のひずみを感じた。

<続く>

This entry was posted in 未分類. Bookmark the permalink.

Comments are closed.