特製のソフト

usagitokame

発表を聞き終えたシロフク先生は、特に何も言わず部屋の隅に置かれたパソコンに向かうと、ようやくそこで口を開いた。

「ざっと聞いたところ、二人ともずいぶん成長しているようじゃ。

では、具体的に一つひとつ検証してみよう。ワシがプログラムした特製のソフト〈ベスト・ローン・チョイス〉で、二人の計画に抜けがないか、一気にチェックしてみるぞ。」

「なにそれー。」ウサコが非難がましく先生を見た。

「そんな便利なソフトがあるなら、最初から貸してくれればいいのにぃ。」

ホッホッホッ、先生が目を細めた。

「ウサコよ、目先の利便性に頼っていては本当によい住宅ローンは見つからんぞ。各人がさまざまな検討を重ねたうえで計画した案のなかから、最後に数字だけを取り出してチェックするのがこのソフトの役目じゃ。」

先生は二人のデータをソフトに入力すると、さっそく検証を始めた。

「ここには、金融機関約400社の金利データがインプットされておる。もちろん最新の情報じゃ。

借入金額と借入期問が決まっていれば、あとは金利の決定だけ。このソフトにかければ、最終的にどれが一番割安なローンか一発で割り出せる。」

「貸して貸して!」

ウサコがキーボードを奪わんばかりの勢いでシロフク先生に迫ると、クロ兄があきれ顔で「ウサコには難しすぎて使いこなせないさ。」と軽く諌めた。

<続く>

>>>銀行info/住宅ローン比較

This entry was posted in 未分類. Bookmark the permalink.

Comments are closed.